" ゴールドカードを持つことのステータス | ゴールドカードメリットと比較ランキング

ゴールドカードの持つステータス性

かつては、手に入れる際の審査基準が厳しいことから「ゴールドカード」は地位や収入を証明するステータス性がありました。 そうした分、年会費は1万円〜数万円と高額だったのですが、最近では年会費2千円のゴールドカードも見られるようになりました。

もちろんそうしたゴールドカードは、年会費が高いものと比較すると補償や会員特典の質が異なりますので、ステータス性という面でも劣ると言っていいでしょう。 そうした中でも、審査基準を守っているダイナースクラブゴールドカードやアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなどが、やはりステータス性が高いゴールドカードと言えます。


国内外で異なるステータスカード

一口にクレジットカードと言っても、それを発行している母体の企業がどこであるかによって利用できる範囲が異なってきます。 日本では、やはり自国の企業が発行しているJCBが圧倒的に利用しやすいのですが、逆に海外では、その知名度はあまり高くないこともあって、利用制限がけっこうあります。

そうした意味では、VISAやマスターカードといったユニバーサルなクレジットカードブランドが海外での認知度は高いのは間違いありません。 それはゴールドカードのようなステータス性が高いものでは、さらにそうであり、国際社会でも信用があるアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブが発行するゴールドカードはVISAやマスターカードのものを上回るステータスカードになっています。


ゴールドカードのステータスランキング

ゴールドカードのステータスを決めていると言っていいのがそのカードに設けられている入会基準でしょう。 日本で発行されているクレジットカードは数多くありますが、一番入会基準が厳しく設定されているのは「ダイナースクラブカード」です。

噂では、ダイナースクラブカードを取得できるのは、VISAプラチナカード並みだと言われています。 それに次ぐのが、「三井住友VISAゴールドカード」などの銀行系のゴールドカードです。

意外に、世界的なステータスカードとして知られている「アメリカン・エキスプレス・カード」は、そうした国内の銀行系ゴールドカードの下に当たるクラスにランキングされています。


次の記事をチェックする → ゴールドカードのデメリット