" ゴールドカードとは?〜定義と特徴を知る〜 | ゴールドカードメリットと比較ランキング

ゴールドカードの定義

一口に「クレジットカード」と言っても、いろいろな種類のものがあります。 それらの中でも、よく知られているものとしては「ゴールドカード」があるのではないでしょうか!?一般的にゴールドカードは、『ゴールド』の名が示すように、通常のカードに比べて、確かによりグレードの高い特典が付けられています。

各クレジットカード会社によって正確な定義には差がありますが、大きく言うと「一般カードと比較して、さまざまな高付加価値なサービスや特典が付けられている、高級なグレード」のクレジットカードのことと言えるでしょう。 もちろん買い物限度額なども、一般のカードなどよりも高く設定されています。


ゴールドカードの特徴

ゴールドカードの最大の特徴は、上級カードということから、一般カードでは年会費が無料、あるいは年間1〜数千円程度というものが多いのに対して。

年間1万円を超えるものが主流になっている点です。 ただし、付帯するサービスや特典は、年会費以上のものになっていると考えて、まず間違いないでしょう。

またゴールドカードは一種のステータスであることから、会員になるためには、一般のクレジットカードよりも収入や職業などの基準が高く設定されているのが普通なのも特徴と言えるでしょう。 ただし近年、クレジット会社によっては、年会費や会員に対するハードルを下げるところも出てきて、例えば、年会費は数千円というゴールドカードも存在します。


その他のプレミアムカード

最近になって「ゴールドカード」を上回る価値のある、いわゆる「プレミアムカード」も発行されるようになってきています。 これもまた、会社によって言い方は違っていますが、一般的には「プラチナカード」あるいは「ブラックカード」と呼ばれ、年会費も軽く10万円を超えるものも少なくないため、手に入れられるのは富裕層など限られた人になります。

ただし、それだけの価値はあって、例えば、いつどんな時でもレストランの予約や劇場の席などの手配を受け付けるコンシェルジュデスクが使えたり、その送迎はリムジンがしたりするなど、まさにステータスに相応しいサービスが提供されます。 また、購入金額も「飛行機が買える」ぐらいまでの設定になっています。



次の記事をチェックする → ゴールドカードの限度額