" 海外旅行保険で選ぶゴールドカード | ゴールドカードメリットと比較ランキング

海外旅行保険について

海外旅行で気になるのは、万が一、病気になったりケガをしたりしないかです。 第一に健康保険が使えませんから、治療費などは実費ですし、海外では、例えば、救急車が無料でなかったり、治療費も非常に高かったりすることがあるからです。

そうした海外旅行の途中に病気になったりケガをしたりした時にかかった費用を補償するものとして海外旅行保険があります。 ゴールドカードの多くには、こうした海外旅行保険が自動的に付くものが多くありますが、ただし、補償される金額が個々のカードによって違っていますから、自分のゴールドカードが最大いくらまで払ってくれるのか確認しておくのがいいでしょう。


どのような違いがあるのか

一口に「ゴールドカード」と言っても、発行している会社によって、それぞれの付帯する特典などは違っています。 当然、海外旅行保険も違っていて、一番大きいのは補償される金額です。

例えば、死亡した場合には3千万円〜5千万円と幅があります。 それに加えて、自分がカードを持っているだけで、配偶者や子供も海外旅行保険を受けられる家族特約が付いているかどうかも大きな違いになります。

実際に、18歳未満の子供の海外旅行保険を無料で済ませようとすると、ゴールドカードの家族特約が唯一の方法と言えるので、是非、利用されることをお勧めします。

海外旅行保険で比較するゴールドカード

基本的に「ゴールドカード」は、自動的に海外旅行保険が付帯します。 ただし中には、旅行代金をそのカードで支払っていないと保険が適用されないものもあります。

そうした例外を除いて、入会しただけで自動的に旅行保険が適用されるカードの中で比較すると次のようなカードがお勧めです。 限度額が高いのが最高1億円の海外旅行傷害保険が付く「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」です。

また「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」も最高1億円の海外旅行保険と最高1千万円の犯罪被害傷害保険などが付きます。 またカードの利用が条件になりますが「ダイナースクラブカード」も最高で1億円が付きます。



次の記事をチェックする → おすすめランキング