" ゴールドカードに付帯する海外旅行保険 | ゴールドカードメリットと比較ランキング

ゴールドカード海外旅行保険とは

基本的に多くの海外で使えるクレジットカードには、申し込みをしなくても、自動的に海外旅行保険が事前に付帯されます。 特別な保険料は必要ありませんし、旅行費用をそのカードで支払わなければならないなどの義務もありません。

ゴールドカードならば、こうした絵画旅行保険がほぼ全てに付帯していると言って間違いはありません。 保証される金額は、傷害死亡・後遺障害ならば3000万円程度で、傷害治療費用は50〜100万円、疾病治療費用も50〜100万円というのが標準になっています。

ただし、疾病死亡に関して保証はないものがほとんどです。 このように、それぞれのゴールドカードによって微妙に金額に差があるので、確認される方がいいでしょう。


海外旅行保険の使い方

海外旅行をしている最中に病気や怪我などをすることに備えて、旅行代理店などでは任意の損害保険に加入することを勧めます。 確かに万が一のことを考えると保険は便利なのですが、手続きがいささか面倒なことに加えて、持病があったりした場合に加入できない場合もあるため、つい億劫に成りがちです。

しかし、ゴールドカードは持つだけで自動的に海外旅行保険が付いてきます。 万が一、ゴールデンカードを持っている人が、もし海外旅行先で病気になったり、怪我をしたりした時は、カードによって若干の違いあるものの、事故の日から決まった起源(30日以内など)に事故が発生した状況や事故の程度などをカード会社の連絡する必要があります。

そして、申し込みが事実であることが確認されれば保険料が支払われることになります。 ただし、海外に行く前からかかっていた持病については、他の保険と同様に保険料は支払われませんので。


保険で比較するゴールドカード

ゴールドカードなどクレジットカードの入会案内には、普通は『最高2千万円まで補償』などという記載がありますが、それは海外旅行傷害保険がカバーする傷害死亡ならびに後遺障害の保険金額であることがほとんどです。

そうしたカード付帯の海外旅行保険で、傷害・疾病治療費用の保険はゴールドカードであっても200万円〜300万円程度になっています。 ところが、海外旅行で必要な保険は、病気・ケガの際の治療費用の保険金ですので、もし海外旅行保険を気にするならば、入会する際にしっかり確認された方がいいでしょう。

ちなみに、海外旅行保険の補償内容の充実さで知られているものには、オリコカードiBと楽天カードがあります。


次の記事をチェックする → ゴールドカードのステータス