" ゴールドカードで使える空港ラウンジ特典 | ゴールドカードメリットと比較ランキング

空港ラウンジサービスとは

ゴールデンカードには、いろいろなサービスが付帯していますが、その中でもよく知られているのが「空港ラウンジサービス」ではないでしょうか!?空港ラウンジサービスとは、国内外の各空港に設置されているカード会員向けの部屋のことで、その中では、一般的にフライトインフォメーションをはじめ、ソフトドリンクの無料サービスや新聞・雑誌などの無料購読、無線LANなどの無料使用などのサービスが受けられます。

また空港によっては、シャワールームやPC貸出、アルコールの提供、FAXやコピーの使用などのサービスが有料で利用できます。 なお、カード会社ごとに利用できる空港は異なっていますので、利用に当たっては事前にチェックしておく方がいいでしょう。


空港ラウンジの使い方

ゴールドカードを持っていれば、搭乗する飛行機のクラスを問わずに、国内外の空港に設けられているカード会員を対象とする空港ラウンジの無料利用が可能です。

ちなみに最近は、各カード会社で、ラウンジを設置する空港の数を増やしています。 そうした空港ラウンジを利用するためには、ラウンジの受付で持っているゴールドカードと当日の搭乗券または航空券を提示する必要があります。

なお利用できるのは、基本的に搭乗機の到着をゆったりとした気分で待ってもらうためのスペースということで、おおむね1〜2時間と制限時間が決められていることがほとんどです。 またオープンは年中無休ですが、7時から20時というところが多いようです。

また、シャワー室はあるかどうかや同伴者料金が必要かどうかなど、それぞれのラウンジごとによって違っていますので注意が必要です。

お勧めの空港ラウンジサービス付きカード

一口に「ゴールドカード」と言っても、発行しているクレジットカード会社によって、提供されるサービスは違っています。 それは空港ラウンジも同じで、例えば同伴者の利用料ですが、一般的には1名につき1,000円前後、中学生(あるいは12歳)未満は半額あるいは無料となっています。

しかし、アメリカン・エキスプレス・カードのゴールドカードならば、国内27空港と海外2空港では、同伴者1名まで無料です。 なお、日本企業が発行しているクレジットカードでは海外の空港ラウンジで利用できるところは限られていますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードやダイナースクラブカードといった、いわゆる『ナショナルブランド』であれば、外国の空港ラウンジでも利用できるので、海外に行く機会が多い人は、こうしたクレジットカードのゴールドカードを持つことをお勧めします。



次の記事をチェックする → 海外旅行保険特典