" 三井住友VISAプラチナカードのメリットと特徴 | ゴールドカードメリットと比較ランキング

三井住友VISAプラチナカードとは

三井住友カード株式会社がゴールドカードを上回る最高級のカードとして発行しているのが「三井住友VISAプラチナカード」です。 『プラチナ』の名がし示すように、年会費は52500円かかりますが、その代わりに、例えば、旅行傷害保険は海外最高で1億円、国内最高で5,千万円が自動的に付くのをはじめ、航空便が遅延したり欠航したり、手荷物の配達が遅れたり紛失したりした際には、それによって発生した費用を補償(限度額はあり)するなど、ユーザーが快適な生活を送るためのさまざまな特典が用意されています。


三井住友VISAプラチナカードの魅力

最高級のカードに相応しく「三井住友VISAプラチナカード」には、充実した旅行傷害保険以外にも独自のサービスがいろいろと付帯しています。 具体的には、一流コンシェルジュが365日24時間サポートする「サポートサービス」をはじめ、全国にある27ヵ所の空港のラウンジが無料で利用できたり、東京と大阪周辺にある約70軒の一流レストランを2名以上で利用した時に、会員1名の分が無料になるクーポンをプレゼントしたりしています。

なお、少し前までは「三井住友VISAゴールドカード」会員への招待による入会のみでしか取得できなかったものが、今では一般の申し込みも可能になっています。

三井住友VISAプラチナカードの評判

デザインもプラチナとブラックの2種類の好きな方を選べる「三井住友VISAプラチナカード」の評判は、次のようです。 「カードデザインがプラチナの名に恥じないかっこよさなのがいいですね。

ポイント還元率も決して悪くないですし、何よりもデスクが優秀なので、かなり無茶なことをお願いしても答えてくれるのには、毎回、ビックリしています」(38歳男性)。 「ハワイに行った際に、期間眼底でしたがスーツケースの個数に制限が無かったので非常に助かりました」(55歳男性)。

「送られてくるクーポンは東京や大阪の店が多いので、都会に住む人には便利なカードだと思います」(47歳男性)などの評が見られました。


次の記事をチェックする → ANA VISAワイドゴールドカード