" ゴールドカードの審査を通過するコツ | ゴールドカードメリットと比較ランキング

良いクレジットヒストリーを作る

クレジットカードは、使った履歴が残ります。 もしゴールドカードが欲しいけれど、審査に通るかどうか不安がある場合は、良い「クレジットヒストリー」を作りあげて信用を勝ち取るという手があります。

クレジットヒストリーとは、その名の通りにクレジットを使った『歴史』です。 いつ、どこで、どのようなものを買ったのか。

そしてキャッシングを利用したことあるのか。 あれば、それはいつのことで、残金はどのくらいあるのかなどなど、まさに所有者の買い物の記録が積み重なっています。

ですので、それを良くするのには、まず何か買いたいものが特に無いならば、全く使用しないとう手があります。 使わなければ、当然、延滞などありませんし、また長く所有していれば、ある程度の信用が得られます。

一方、もし買い物やキャッシングに利用したなら、最低でも2年は延滞や不払いなどをしてはいけません、逆に、頻繁に使用しているのに支払いがキッチリしていることが証明されれば、まさに『良いクレジットヒストリー』となるので、審査が通りやすくなるはずです。

追加カードで手に入れる

ゴールドカードを手に入れる方法としては、ようクレジットヒストリーを作ることが有効です。 日本のクレジットカード会社は相互に情報を交換し合っていますから、今持っているクレジットカードの会社とは別の会社から発行するにも有効は有効です。

しかし、もっと可能性を高めるのは、やはり同じクレジットカードの会社から出ているゴールドカードを『追加カード』として手に入れることです。 既にそのブランドのユーザーであることに加えて、取引などの情報も、当然、詳しくデータとして残っています。

さらに、ユーザーへのサービスの向上という面からも、他のブランドでゴールドカードを手に入れるよりは、審査は通りやすくなります。 自分が使っているクレジットカードにゴールドカードがあるかどうか、まず調べてみましょう!

入会の容易なゴールドカード

クレジットカードを発行する際には、年齢や年収などを申告して審査を受けなくてはいけません。

しかし、同じ人が申し込みをしても、A社は駄目だったのにB社は通ったというような経験をされた方は少なくないのではないでしょうか!?そういうことがおこるのは、各社によって審査基準が違うからで、一般のクレジットカードよりも審査が厳しいと言われているゴールドカードにも、当然、そうした傾向はあります。 そうしたゴールドカードの中で、審査が比較的甘く、取得がしやすいと言われているゴールドカードとしては、まず「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」があります。

特に入会キャンペーンをしている時などはねらい目だと言われています。 次は「楽天プレミアムカード」です。

もともと一般の楽天カード自体の審査が甘いと言われていますので、プレミアムなカードも審査が通りやすいようです。 そして3番目が「三井住友VISAカード〜ヤングゴールドカード」です。

これら以外にも、まだ入会は容易なゴールドカードはありますから、いろいろと調べてみるのがいいかもしれません。


次の記事をチェックする → 空港ラウンジ特典